So-net無料ブログ作成
検索選択

メガネなしで3D体感 技研公開2010(産経新聞)

 放送技術の最新の研究成果を展示する「技研公開2010」が27日、NHK放送技術研究所(東京都世田谷区)で始まった。

 3300万画素撮像素子を用いたスーパーハイビジョン・フル解像度カメラとその映像などを初公開。 このほか、次世代のメガネなしで3Dが体感できる「インテグラル立体テレビ」や改良が加えられより美しくなった曲がる薄型有機ELディスプレーなども展示され注目を集めていた。一般公開は30日まで。

【関連記事】
シャープ、3D撮影可能のカメラ部品を開発
サッカーW杯観戦は「自宅などで楽しむ」が顕著に 商戦大詰め
話題の3D映像体感?! ジェイコムショップ4店
パナソニックが3Dビエラに65型と58型を加 5月28日発売
3D立体映像市場 医療と融合 遠隔手術に道

「大阪を実験に使って」橋下知事、特区構想を力説(産経新聞)
傷口に塩…秋葉原殺傷の遺族、弁護側に不快感(読売新聞)
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会(医療介護CBニュース)
福井新聞記者を逮捕、DVDソフト複製し販売(読売新聞)
検察「カメラに撮影させるのが目的」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)

高齢男性の独り暮らし急増、孤立化の懸念も(読売新聞)

 政府は14日の閣議で2010年版「高齢社会白書」を決定した。

 白書では、高齢者の中で独り暮らしの人の割合が増加し、2030年には男性17・8%、女性20・9%に達するという推計値を提示した。特に男性の増加が顕著だとしたうえで、「男性の独り暮らしは社会から孤立しているものが多い」と懸念を示している。

 65歳以上の高齢者は09年10月1日で2901万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)は過去最高の22・7%に達した。1980年には男性4・3%、女性11・2%だった独り暮らしの割合は、05年には男性9・7%、女性19・0%となった。

 独り暮らしの高齢者は他の世帯と比べて健康や生活費などの心配を抱えている人が多く、内閣府の調査でも「友人との交際が少ない」「日頃の会話が少ない」と回答する割合が高いとした。そのうえで、高齢者の孤立を防ぐため、働く機会を増やしたり、地域に交流の場を設けたりすることを提唱した。

奈良の鹿にも口蹄疫の危険性、見回りで監視(読売新聞)
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)
65歳夫婦刺され死亡 京都・長岡京、口論の中年男逃走(産経新聞)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)
<訃報>森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。